フードアナリストよくあるQ&A集

Q.フードアナリストを取得するにはどうしたらいいですか。

A.フードアナリストを取得するには3つの方法があります。

1.年に4回あるフードアナリスト検定4級試験に合格する。
毎年2月、5月、8月、11月に「フードアナリスト検定」を実施しています。
2月と8月は東京会場と大阪会場の2拠点、5月と11月は札幌会場、仙台会場、東京会場、名古屋会場、大阪会場、広島会場、福岡会場の7拠点で開催しています。もっとも費用をかけずに取得する方法です。
検定試験料7,700円(消費税込み)

2.通信教育でフードアナリスト4級を取得
教科書2冊の他に、通信教育用教材6冊が送られてきます。6回の添削問題をすべて提出し一定の基準を上回り、「レストラン格付けレポート」と「小論文」で合格点をクリアできれば、フードアナリスト4級を取得できます。通信教育では、検定試験を受験しなくてもフードアナリスト4級の合格証が授与されます。
平均取得期間は4カ月です。
通信教育費用53,900円

3.養成講座でフードアナリスト4級を取得
大学や短大、専門学校を中心に導入されている取得方法が養成講座です。
大学のカリキュラム(選択科目)に採用していただき(フードアナリスト概論)1年間、毎週90分の講義と検定試験で「フードアナリスト4級」「3級」を取得する大学もあります。
多く大学や短大で導入されているのが「1日コース」「2日コース」。つまり1日や2日でフードアナリスト4級が取得できるコースです。資格の間口を広げるために期間限定でスタートした1日コースですが、要望が多く沢山の方が1日コースでフードアナリスト4級を取得しています。
協会も1日コースを東京で月に2回開催しているほか、7大都市(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡)でも開催しています。
朝9時スタート17時20分講座終了、17時40分~18時40分検定試験。
講座費用41800円(合格保証・半年以内なら何回でも受講可能)

Q.フードアナリストの各級の合格率と平均学習時間を教えてください。

A.検定試験のみの合格率(令和2年度)概算

4級  55%
3級  25%
2級  15%
1級  2%

※フードアナリスト4級は、検定試験で合格するために最低70時間の学習が必要とされています

Q.4級に合格して、登録料16,500円、年会費11,000円を払わなくても、3級を受験することはできますか?

A.できます。フードアナリスト検定は、登録もしないで年会費を払わなくても、上の級は受けることは可能です。ただし飛び級はできません。すぐ下の級を持っていないと受験をすることはできません。間違いや手違いで受験したとしても無効となり受験料は返還されません。3級を受験するには4級合格が必要です。2級を受験するためには3級合格が必要です。

登録料は「協会として責任を持って名簿管理をします」という意味で、登録をする事によって「フードアナリスト」としての活動ができます。1度、登録すれば、将来的に年会費を払わず「休会」となっても、協会には登録名簿が残されています。「認定証再発行」「バッジ再発行」「会員再発行」、それから「認定証明書」「合格証明書」などの証明書関係の発行も可能です。

反対に4級に合格して会員登録をされない場合は、会員名簿に掲載されませんので、「合格証」を大切に保管してください。上の級を受験する時等には「合格証」が必要となります。検定試験だけを受験して2級まで取得してから、初めて会員登録をされる方もいらっしゃいます。

Q.フードアナリストを取得するためには、協会指定の講座を必ず受講しないといけませんか?

A.通信講座や対策講座を絶対に受けなければならない、という事もありません。
年会費も払わない方もいます。
年会費は11,000円ですが、払わなければ
「フードアナリスト4級合格者(2007年)」
(フードアナリスト4級検定試験を2007年に合格し方。)
という書き方ならば名乗ることも履歴書に書く事もできます。

フードアナリスト協会とすれば「認定」とは、現在のその方のフードアナリストとしての技能を担保するものです。 例えば、英検1級を20年前に取った方は、現在1級の能力がないかもしれません。取得以来、全然勉強していない方はもう英語なんて忘れてしまっている方もいるはずです。
ですからフードアナリスト協会では、「認定」とは言えないような仕組みになっています。「認定4級フードアナリスト」は、協会がフードアナリストとしての技能を現在時点で、認定していますよ、担保していますよ、という意味です。

認定フードアナリスト向けに、毎日のようにセミナーがあったり、研究会があったり、研修会、懇親会やパーティ、1級や2級には連絡協議会まであります。「サヴァラン」という名前の会員向け会報も送られてきます。認定会員は、名刺に協会の住所や電話番号を書いた名刺も持って、仕事依頼、プチ起業(電話応対や荷物預かり)、起業相談、弁護士や社労士などの専門家紹介、副業の手伝いや販路拡大の相談まで。手厚いサポートが受けることができます。
https://foodanalyst.jp/pdf/fa_membership.pdf

Q.就職についての質問です。フードアナリストを持っている大学生は、どのような会社に就職をしましたか。具体的な会社名を教えてください。

A. フードアナリストを取得した大学生、短大生、専門学校生は、毎年、素晴らしい企業への就職し、生き生きと働いています。協会へ報告があった就職先は以下の通りです。

【フードアナリスト学生会員の企業採用実績】●食品業界
カゴメ、日本ハム、カルビー㈱、日清食品、サントリー、味の素、富士食品工業、山崎製パン、エームサービス、伊藤忠食品、シダックス、株式会社久世、伊藤ハム、日本製粉、日本アクセス、永谷園、日本水産、不二家、三井食品、三菱食品、タイヘイ株式会社、にんべん、ヤクルト本社、サッポロビールHD、アサヒビール、キリンビール、高瀬物産、合同酒精、キッコーマン、丸大食品他

●食品業界以外
博報堂、松竹、東海テレビ、NHK、札幌テレビ、ジョルダン、講談社、野村証券、三菱UFJ銀行、JR東日本、マイクロソフト、リクルート、JAL、ANA、日本旅行、USEN、楽天、ぐるなび、東京ドームホテル、藤田観光他

食関連の企業だけではなく、広告、金融、商社、サービス、旅行、観光など幅広い業種への就職が決まっています。

Q.フードアナリストを4級から1級まで取得するのに一番、費用がかからない方法を教えてください。

A.

4級 7,700円
3級 7,700円
2級 合計22,000円
1次試験 2科目合格の必要あり 合計11,000円
(フードアナリストⅠ、フードアナリストⅡ 各5500円×2科目)
2次試験 2科目合格の必要あり 合計11,000円
(フードアナリストⅠ、フードアナリストⅡ 各5500円×2科目)
1級 51,700円
1次試験 4科目合格の必要あり 合計22,000円
(フードアナリストⅠ~Ⅳ 1科目5,500円)
※科目別合格で2次試験、3次試験に進む事は可能
2次試験 3科目(1科目3,300円、3科目同時受験で7,700円)
(口頭試問、味覚官能試験、色彩識別試験)
3次試験 4科目合格の必要あり 合計 22,000円
(フードアナリストⅠ~Ⅳ 1科目5,500円)

1級まで検定試験だけで合格すれば、 最低で、89,100円で取得することができます。
89,100円のうち、1級を取得するのに必要な試験料が51,700円ですので
2級までならば
37,400円
3級までならば
15,400円
で取得できます。
(もちろんこの他に教科書を購入するか貸借して勉強する必要はあります。)

4級1回、3級1回、2級4回、1級に至っては11回
合計で、17回試験を受けて1級合格となります。
17回のうち11回は、1級です。
2級までならば6回の試験をクリアすれば取得できます。
2級までなら、37,400円が取得にかかる最低の金額です。
1度も落ちなければ、という前提ですが。

4級、3級まではある程度簡単ですが、
2級になると急激に難しくなり合格率15%
1級は11科目も試験があります。1級の合格率は2%程度です。

Q.フードアナリスト合格者を名乗る時、必ず合格した西暦を記入しなければならないのはなぜですか?

A.フードアナリスト検定に合格して、年会費も払わない方もいます。
年会費は11,000円ですが、払わなければ
「フードアナリスト4級合格者(2007年)」
(フードアナリスト4級検定試験を2007年に合格した方。)
という書き方ならば名乗ることも履歴書に書く事もできます。
認定会員、正会員については合格した西暦年号を書く必要はありません。
そういった意味で、英語検定や秘書検定と同じです。ただしフードアナリスト協会では、合格年を必ず記入する事を条件としています。

フードアナリスト協会とすれば「認定」とは、現在のその方のフードアナリストとしての技能を担保するものです。例えば、英検1級を30年前に取った方は、現在1級の能力がないかもしれない。全然取得以来、勉強していない方はもう英語なんて忘れてしまっている方もいるはずです。また技術や知識は常にインプットされ続けなければいけない、と考えています。ですから協会ではそういった休眠中の方は、「認定」とは名乗れないようになっています。

協会では、認定会員向けに多くのセミナーや研究会、委員会等を開催しています。認定会員ならば、ほぼ無料で参加する事も可能です。実際、フードアナリストを本業や副業にしていらっしゃる現役の方もいます。「認定会員」とはリアルに今、フードアナリストとして活動している方を指します。昔勉強したけど、今はお休みしている方ではありません。「認定4級フードアナリスト」は、協会がフードアナリストとしての能力を「現在」、認定していますよ、という意味です。だから認定フードアナリストは価値があるのです。

Q.認定会員と正会員、準会員と合格者の違いを教えてください。

A.普通に受験をしてフードアナリストを取得して登録、年会費を納めた個人は「認定会員」です。個人として活動する場合はすべて「認定会員」です。

Q.なぜ会員制と年会費が必要なんですか。

A.日本フードアナリスト協会では、フードアナリストを収入を稼ぎ出す「職業」「副業」、それから研修や委員会などの活動を支えるために会員制を取っています。
もちろん協会に登録も会費も支払わず、「英検」「秘書検定」のように、その時期の能力・技能を証明する「フードアナリスト検定●級合格 西暦●●●●年」と表記する方法もあります。
フードアナリストの場合、認定会員となると、職業や副業として働く際に、「認定フードアナリスト」と名乗る事ができ、協会主催のセミナーや委員会、研究会、スタディグループ、イベントなどにも参加できます。セミナーや研究会、委員会は無料のものも多く、フードアナリストの知識・技術のブラッシュアップに役立ちます。また仕事紹介や、会員のブランディングや仕事に対してのコンサルティングも実施しています。

Q.フードアナリストのロゴマークは準会員は使用できないのですか。

A.準会員は「フードアナリスト検定●級合格(西暦●●●●年)」と表記する事はできますが、名刺やプロフィールにフードアナリスト協会のロゴマークを使用する事はできません。

(個人)
〇認定会員
〇正会員
×準会員
×登録を一度もしていない合格者

(法人)
〇法人認定会員
〇法人正会員

Q.フードアナリスト検定4級を合格するためには、大体何時間ぐらいの学習が必要ですか。

A.合格するための学習時間として、100時間を想定しています。
フードアナリスト検定4級教本  70時間
食「情報」インフルエンサーの教科書 30時間

4級については問題集も出ていますので、よく勉強して合格を目指してください。4級は、あくまでもフードアナリストの導入、基礎編です。

Q.フードアナリスト検定試験の合格率を教えてください。

A. 年に4回実施している検定試験の合格率は以下の通りです。
4級  50%~55%
3級  30%
2級  15%
1級  2%
(2級、1級については2次試験、3次試験まで一回の受験で合格した合格率)