会員向け講座

<禁止事項・お願いの内容>
録画・録音・撮影は犯罪です。
セミナー情報の動画・静止画・音声での記録は禁止させていただいております。
本セミナーの録画・録音・撮影、スクリーンショットやダウンロード、また資料の無断転用は固くお断りいたします。
万一これらの行為が発覚した場合、著作権及び肖像権侵害で対処させていただくことがありますので、あらかじめ ご了承ください。

<重要> 新型コロナウイルス感染症への対応について

対策講座での対策
当協会では皆様に安心してご受講頂けるよう、下記の感染予防対策を徹底致します。
・各休憩時に窓やドアを開け換気をこまめに行い、教室の空気を入れ替えます。
・消毒液、ウェットティッシュを常備しております。お手洗い、外出から戻った際は消毒をできるよう対応しております。
・朝の準備時に机、扉、ドアノブなどの消毒をしております。
・受講生の座席間隔をできるだけ広げております。
・前列と講師との距離をできるだけ広げております。
・オンライン受講での受講を可能とし、ご自宅で講座受講・検定試験を受けて頂けます。
・来場してご受講される方には、マスクの着用をお願いしております。

会員向講座・特別講座

資格取得後もフードアナリストのための研修会、特別講座を開催しています。

フードアナリスト会員向け特別講座一覧

■ [ 1/23] オンライン ■ [ 2/16] オンライン 会員限定 ■ [2/15、2/21、2/25] オンライン 会員限定 ■ [2/18、2/23、3/2] オンライン 会員限定 ■ [ 3/ 8] オンライン 学生無料 ■ [ 3/16] オンライン 学生無料 ■ [ 3/29] オンライン 学生無料 ■ [ 4/11] ■ [ 4/21] オンライン

フードアナリスト会員[2級取得以上]向け特別講座一覧


■[東京] (日程調整中)フードアナリスト講師養成アカデミー
■[大阪] (日程調整中)フードアナリスト講師養成アカデミー

フードアナリスト認定講師向け一覧<無料>

オンライン [毎月第1水曜日] 講師アカデミー研究会 無料
オンライン 外国人向け専任講師・準講師アカデミー研究会 無料
■ [直営講座・各会場]フードアナリスト養成講座の実習生 無料

【お申込みの際のご注意】

・ 定員になり次第申込みを締め切らせていただきます(申込みフォームは閉鎖いたします)。
・ 準備の都合上、必ず事前申込みをお願い致します。無断でのご参加はお控えください。
・ お申し込み後、5営業日以内のご入金をお願い致します。講座開催日まで5営業日を過ぎている場合は、即日のご入金をお願い致します。
・お申し込みは、お一人ずつお願い致します。データベースにて管理しておりますので、ご協力をお願い致します。

【キャンセルポリシー】

・直前や当日のキャンセルはお控えくださいますようお願い致します。
・やむを得ない理由により講座をキャンセルされる場合は、必ず事務局までご連絡ください。
・ご連絡のないキャンセルを繰り返しされた場合、今後の受講を制限させていただくことがございます。
・また、お客様の都合によるキャンセルの場合、原則、受講料の返金は致しかねます。
・別日程への振り替えが可能な講座については、事務局までご相談ください。

◆問合せ先: FA会員サポート >> TEL: 0120-650-519
◆振込先:三菱UFJ銀行 麹町中央支店 普通口座 0039762 フードアナリストコウザグチ

「商品開発研究会」のお知らせ

~マーケティングの知識を本格的に学べるチャンス!~

商品開発研究会はフードアナリスト正会員、認定会員ならば誰でも無料で参加できる会員制セミナー形式の勉強会です。
毎月第4水曜日に開催しています。(特段の事情があった場合は予め告知した上で前後に変更になる場合があります。)
商品開発研究会は、今話題沸騰中の「ジャパン・フード・セレクション」(日本発世界へ発信する食品評価審査制度)の審査員を育成するための勉強会として今から8年ほど前の2013年に発足しました。
ジャパン・フード・セレクションは、1次審査(4級以上)、2次審査(3級以上)、最終審査(2級以上)の3回の審査会を毎月、東京セミナールームで開催しています。
1月20日締め切り分より、1次審査にも審査員報酬(薄謝)が出る様になりました。
1次審査は30チェック項目、2次審査は50チェック項目、最終審査は100のチェック項目に基づいて審査をしていただきます。
チェック項目は、味覚だけでなく、ニュース性、五感、ストーリー性、後味、安全性、ネーミング、商品説明力、パッケージや利便性、トレンドや購買ターゲットへの訴求力まで多岐にわたります。
業界団体や身内同士で評価し合って表彰をしている審査制度ではありません。食のプロ=食べるプロ=フードアナリストが、忖度なしで食品に真剣に向き合う審査表彰制度です。
商品開発研究会は、このジャパン・フード・セレクションの最終審査員の「フードアナリスト(審査)レポート」を書く事ができるようになるための勉強会です。
某ヨーロッパの有名な審査表彰制度では、必ずコンサルタント、と言う方が出品企業へアドバイスをします。コンサルタントは外国語翻訳や商品開発、商品説明や旅券、ホテルの手配まで請け負うと聞いています。
1件につき、コンサルタントは最低50万円。多い時は500万円以上のお金をコンサルティング報酬として受け取ります。
ジャパン・フード・セレクションも、昨年のキリン本麒麟以来、一気に知名度を上げてきています。実際、問合せ件数は、1年前の20倍以上になってきています。この手の審査表彰制度は、一度認知度が上がり出したら、急激に上がるもの。
ジャパン・フード・セレクションの目標は某ヨーロッパの審査制度ですが、ここに来て、もしかしたら、という状況も見え始めています。
実際に審査をするという事は非公開のチェック項目も眼にしますし、何よりも、審査のチェック項目というのはどのような構成と成り立ちになっているかを知る事ができます。
ジャパン・フード・セレクションがもっと有名になれば、コンサルタントのニーズは高まります。その時に、元ジャパン・フード・セレクション審査員というのは大きな肩書になるはずです。フードアナリスト審査レポートは、ジャパン・フード・セレクション以外でもお金になります。
コンサルティングとは「レポートを書く事」が主業務、という人がいるくらい大切です。
趣味で食を楽しむ、というフードアナリストの方も、食を楽しむ視点が圧倒的に増えます。

【概要】
日時:毎月開催 毎月第4水曜日(予告して変更あり)
時間:昼の部  13時~14時半(90分間)  
   夜の部  19時~20時半(90分間)
(昼の部、夜の部とも毎月第4水曜日に開催しています。
昼の部、夜の部とも内容は同じです。)
内容:
1.教科書(教科書を1冊選定、数カ月から1年かけて1冊を研究します。)
教科書はコトラー、ドラッガーを中心にマーケティングや知的リテラシーについての本を講師と一緒に研究していきます。ワークショップなど一緒に考える内容です。
★2022年4月27日(水)からは新しい教科書
これだけは知っておきたい「マーケティング」の基礎と常識
大山秀一 著/フォレスト出版 税込1430円 (中古でも可)
2.ジャパン・フード・セレクションチェック項目研究
3.ジャパン・フード・セレクション表彰作品研究
 (出品作品について試食などをしながら感想や講評)
講師:一般社団法人日本フードアナリスト協会 理事長 横井裕之
費用:無料

日時 1月23日(月)
昼の部  13:00~14:30
夜の部  19:00~20:30
会場 Zoom限定(オンライン)
持ち物 ★2022年4月27日(水)からは新しい教科書
これだけは知っておきたい「マーケティング」の基礎と常識
大山秀一 著/フォレスト出版 税込1430円 (中古でも可)
※書籍を各自ご用意の上、ご参加ください。
受講料 無料
講師 横井裕之(日本フードアナリスト協会理事長)
参加条件 ・フードアナリスト会員であること
・商品開発研究会に興味のある方
申込み 下記WEBフォームよりお申込くださいませ。
お申し込みはこちら

【フードアナリスト3級以上向け】
3級新課程準拠認定に伴う再研修

3級新課程準拠の講師認定証を再発行します。
~フードアナリスト3級は2023年5月22日から新課程に移行します。~

フードアナリスト検定3級は、5月22日(月)より、新課程へと移行します。新課程は、旧課程より学習内容が増える事によって、3級検定試験の難易度も上がる予定です。
現在の旧課程は、次回開催される検定試験の2023年5月21日(日)までとします。

(通信教育等については、5月22日後の取得であってもスタート時点が、5月21日(日)迄であれば旧課程での合格が認められます。)
翌5月22日からは一斉に、3級の追加教科書『食レポ・食の審査員の教科書』(徳間書店)の内容を加えた新課程に移行します。
今回の研修は、3級以上のフードアナリストの皆様に、3級の新課程の内容についてご確認いただき、協会の考え方や理念を共有し、最新の食情報発信の実践について研修をしていただきます。

特に今回の研修は、国家資格化へ向けての「技能試験」(実技試験)開催についても説明させていただきます。「技能試験」(実技試験)は、4級~1級まですべての級に課せられます。今回の研修を受講された方は3級の技能検定は合格したものとみなします。

 「食レポ・食の審査員の教科書」が発刊されると、フードアナリストの教科書は合計で12冊となります。

4級・・・2冊 「フードアナリスト検定教本4級」(学研)、「食情報インフルエンサーの教科書」(徳間書店)
3級・・・2冊 「フードアナリスト検定教本3級」(学研)
2級・・・2冊 「フードアナリスト検定教本2級」上・下(学研)
1級・・・5冊(「フードアナリスト検定教本1級」1~Ⅳ(学研)、「日本の伝統色」(東京出版)
※この他に、フードアナリスト・ベーシック資格の教科書「楽しい食の世界」(学研)があります。

3級については、年4回(2月、5月、8月、11月)に開催している「フードアナリスト検定3級」試験問題および3級対策講座の最後に実施している3級検定試験は、2023年8月分以降、当面の間、全50問中10問程度は『食レポ・食の審査員の教科書』(徳間書店)より出題される予定で、難易度も上がる見込みです。
 新たに追加される内容は、

  • 美味しさを表現するフードアナリストのお仕事
  • 情報発信する前に~禁止用語についてこれだけは知っておこう
  • プロフィールの作り方と書き方
  • プロフィールは5つのパートに分けて書く
  • 伝わるプレスリリースの書き方
  • 食のコンテストの審査委員になる!
  • ジャパン・フード・セレクションの審査・認証制度
  • ジャパン・フード・セレクションの審査員の心構え
  • 文章を書く~取材と原稿執筆の設計図
  • 食レポをするための基礎知しい
  • 読み人に伝わる食レポ文章術

の11章の構成となっています。
新課程の認定証がなければ、フードアナリスト3級の認定が取り消される、という訳ではありませんが、せっかくですのでこれを機に、フードアナリスト学の元となる新しい教本の内容を是非学んでいただけると幸甚です。

「認定講師資格者向け研修会(10時~17時)」に参加される方はこちらの研修への参加の必要ありません。(より詳しく学びます。)

受講資格 フードアナリスト3級以上取得者(2級、1級の方も)
日時 2月15日(水)19:00~20:30
2月21日(火)19:00~20:30
2月25日(土)13:00~14:30
形式 集合研修およびWEB受講(WEB受講の場合はビデオ・オン必須)
内容 フードアナリスト3級 新課程追加内容
 『食レポ・食の審査員の教科書』(徳間書店刊)全11章
内容、講座スケジュール(時間割変更)および新しいアンダーラインと問題等
講師 日本フードアナリスト協会理事長 横井裕之
認定証 3級認定証(3級新課程準拠と明記)・認定証を「再発行」します。
(協会内の登録にも3級新課程準拠と明記されます。)
今回は実技試験も筆記試験も課されません。
3級にも技能試験(実技試験)が今後課せられる予定です。
※今回は参加された方全員に新しい3級認定証(新課程準拠)を郵送します。
受講料 3300円(WEB受講)
2800円(来場受講/各回人数限定申込順)
新教本「食レポ・食の審査員の教科書」は無料で配布します。
申込み 下記WEBフォームよりお申込くださいませ。
お申し込みはこちら
申込締切日 2月6日(月)

【認定講師資格者向け】
認定講師・新課程準拠に伴う再研修のご案内

3級新課程準拠の講師認定証を再発行します。
~フードアナリスト3級は2023年5月22日から新課程に移行します。~

フードアナリスト検定3級は、5月22日(月)より、新課程へと移行します。新課程は、旧課程より学習内容が増える事によって、3級検定試験の難易度も上がる予定です。
現在の旧課程は、次回開催される検定試験の2023年5月21日(日)までとします。
(通信教育等については、5月22日後の取得であってもスタート時点が、5月21日(日)迄であれば旧課程での合格が認められます。)
翌5月22日からは一斉に、3級の追加教科書『食レポ・食の審査員の教科書』(徳間書店)の内容を加えた新課程に移行します。
今回の研修は、認定講師向けに、一番講義をする3級の新課程の内容についてご確認いただき、協会の考え方や理念を共有し、最新の食情報発信の実践について研修をしていただきます。
新課程の認定証がなければ、フードアナリスト3級対策プログラム(2日コース等)に登壇できないという訳ではありませんが、せっかくですのでこれを機に、フードアナリスト学の元となる新しい教本の内容を是非学んでいただけると幸甚です。
協会認定講師の諸先生の皆様には、全員、ご参加いただき、「3級新課程の認定講師」として研鑽そして登壇・活躍いただければと幸いと思います。

受講資格 認定講師資格者のみ
日時 2月18日(土) 10:00〜17:00
2月23日(木・祝) 10:00〜17:00
3月2日(木) 10:00〜17:00
形式 集合研修およびWEB受講(WEB受講の場合はビデオ・オン必須)
内容 フードアナリスト3級 新課程追加内容
 『食レポ・食の審査員の教科書』(徳間書店刊)全11章
内容、講座スケジュール(時間割変更)および新しいアンダーラインと問題等
講師 日本フードアナリスト協会理事長 横井裕之
蔦先生、中森先生、坂本先生、高木先生他
認定証 日本フードアナリスト協会認定講師(3級新課程準拠と明記)・認定証を「再発行」します。
今回は模擬講義も筆記試験も課されません。
今後、新課程の認定講師になるためには「認定講師養成アカデミー」2日間のうち、2日目(1日目は免除)の受講および模擬試験、筆記試験が課せられます。
※今回は参加された方全員に新しい認定証(新課程準拠)を郵送します。
受講料 7700円(WEB受講)
7000円(来場受講/各回人数限定申込順)
新教本「食レポ・食の審査員の教科書」は無料で配布します。
申込み 下記WEBフォームよりお申込くださいませ。
お申し込みはこちら
申込締切日 2月6日(月)

フードアナリストのための日経新聞の読み方セミナー

日経新聞はこうやったら読みこなす事ができる!
日経新聞を理解して一流のフードアナリストになるための読み方の秘訣を伝授。

フードアナリスト協会では、ネットや雑誌、テレビなどのメディアも大切ですが、新聞をしっかり読んで知識のインプットをすることを推奨しています。
情報発信を主戦場とするフードアナリストは、常に最新の食の情報をインプットしておく必要があるからです。
5大紙(朝日、読売、毎日、産経、日経)は、偏見が少ない、良識に富んだ新聞として安心して読む事ができる新聞としてお薦めです。
特に日経新聞は、日本のパワーペーパーと呼ばれ、ビジネスの指導者クラス、管理者クラス、経営者層以上が読む新聞。
しかし、「機械受注」「百貨店売上高」「GDP成長率」「経常損益」「インフレ率」など、経済用語もたくさん出てきて読みづらい、理解しづらい、と言って敬遠される方も多いようです。
日経新聞が読めたら朝日や読売は簡単に読めます。
日経新聞の読み方は他の新聞にも応用ができるノウハウです。
日経新聞には独特の読み方があります。
反対に読み方のノウハウを知らなければ、日経新聞はいつまでたっても「知的な飾り」「見栄のために持っている」だけの無用のモノ。
今回講師の横井理事長は、大手証券会社15年の日経新聞読みのプロ。
証券会社時代にも、日経新聞の読み方講座を社内で頼まれるほど、日経新聞、新聞の読み方に詳しく、多くの経済記事も執筆していました。
もちろん90分で、経済用語がすべてわかる様にはなりません。
しかしどうやったら読めて理解できるようになるか、というノウハウ満載のセミナーです。
フードビジネスも経営やマネジメント、マーケティングがわからなければ失敗する時代。
日経新聞には沢山のヒントがあり、これからのフードアナリストには絶対に必要な知識が満載の新聞です。
当日の日経新聞を持ってきてください。
横井理事長と一緒に日経新聞を読むコーナーもあります。
是非、一度、聴いてみてください。

日時 3月8日(水) 19:00~20:30
会場 WEB受講のみ(ZOOMを使ったセミナーです)
内容 日経新聞の読み方のノウハウを詳しく。
当日朝の日経新聞を一緒に読んでみるコーナーもあります。
講師 日本フードアナリスト協会理事長 横井裕之
持ち物 当日の日経新聞朝刊(3月8日水曜日朝刊)
受講料 認定会員  無料
学生会員  無料
正会員(賛助会員):3,300円(税込)
準会員(休会会員):5,500円(税込)
一般    11,000円(税込)
申込み 下記WEBフォームよりお申込くださいませ。
お申し込みはこちら

第一印象を好印象にする方法が90分で身につくセミナー

〜挨拶・笑顔編〜
「あなたは相手から見てどんな印象だと思いますか?」

お客様としての自分・講師としての自分・受講者としての自分・社員としての自分・店舗スタッフとしての自分・部下としての自分・上司としての自分…魅力的な人ってどんな人でしょうか。
無表情で話を聞く人よりも、うなずきながら笑顔で話を聞いてくれる人が魅力的な人。
感想もなく肘をつきながら食事をする人よりも、「おいしい」と笑顔で素敵に食事をする人が魅力的な人です。
第一印象が好印象だと色々なご縁がつながります。
そのご縁がチャンスを生みます。
人生の分岐点はほんのちょっとしたご縁です。
できているようでできていない「相手を思う心」。
そして思いを伝えるという事は「言葉」と「行動」しかありません。
今回のセミナーは、5か国語を話す元外資系航空会社客室乗務員で、国際結婚後は日本とドイツで活動中のフードアナリスト齋藤郁花先生が、貴方の本来持っている「魅力」をしっかりと「言葉」と「行動」で表現する方法を飲食店での食事作法も踏まえて伝授してくださいます。
入店した時点でお店の方は貴方を見ています。
5種類の笑顔を使い分け「一期一会のおもてなし」をしましょう。
実際に笑顔の作り方もトレーニングしてくださいます。
知っていると知らないでは大違い。
当たり前のことを丁寧にきちんとできる人になるあなたの魅力を引き出すセミナーです。同様の企業向けセミナーでは、1人5,000円以上かかるセミナーが今回は無料。
間違いなくこのセミナーを終えた後は、貴方の魅力度は大幅にアップします。
このセミナーを受講してフードアナリストとして自信を持って活動をしていきましょう。

【斉藤郁花先生プロフィール】
5か国語を話す元外資客室乗務員。国際結婚後は日本とドイツで活動中。食べることが大好きなことと、乗務員時代に世界中の食文化に触れてきたことからフードアナリストの資格を取得。そして現在、約10年の航空業界の経験を活かしハイブリット型サロンを設立。オンラインでは、個別語学レッスン(英会話と韓国語)をドイツから講座を行っている。そして日本滞在中は、魅力学エグゼクティブインストラクターとして企業・大学・料亭や老舗店などで第一印象を好印象にする「魅力学」の研修を多数行っている。また個人サロンとしては、食を通じて魅力学を学ぶ【日本初食間魅力学】を開講中。食事マナー・食文化など伝えながら日本人として海外でも日本でも魅力ある人になる「和魅力美人講座」はキャンセル待ちの人気講座である


日時 3月16日(木) 19:00~20:30
会場 WEB受講のみ(ZOOMを使ったセミナーです)
内容 好印象を呼び込む挨拶術と5種類の笑顔を使い分ける魅力術をはじめとする、フードアナリストが食事シーンで恥をかかない好印象度が上がる方法論を数多くの企業や料亭、大学等で講師をされている斉藤郁花先生が伝授。
講師 斉藤郁花先生
持ち物 筆記用具
受講料 認定会員  無料
学生会員  無料
正会員(賛助会員):3,300円(税込)
準会員(休会会員):5,500円(税込)
申込み 下記WEBフォームよりお申込くださいませ。
お申し込みはこちら

「食のプレスリリースの書き方」の知識とノウハウ講座

無料で食のプレスリリースを出して20以上の有名メディアに掲載するノウハウ
~参加された方は、以降、協会が契約(サブスク)しているメディア配信サイトで無料にてプレスリリース配信できます~

最近では、テレビをはじめ雑誌、新聞、ラジオなどでもフードアナリストのメディア露出が話題になっています。
そこで求められるのは、フードアナリストとしての「食の情報の発信力」です。
その一つとして、「プレスリリースを書く知識とノウハウ」は必修です。
今回の講座では、フードビジネスシーンで話題になりやすい、プレスリリースの書き方を伝授します。
「8つのニュース性(日本新聞協会)」や「16の新商品開発のポイント」などの、超基礎的な話から、プレスリリースのタイトルや内容の書き方の法則まで、丁寧にレクチャーします。
日本フードアナリスト協会の名前を使って、フードアナリスト会員がプレスリリースを実施、会員自身のビジネスに繋げるノウハウについても、今回は詳しくお話しさせていただきます。
プレスリリースとフードビジネスとの繋がりを含め、情報の発信をマスターしましょう!

現在、フードアナリスト協会では定額制のプレスリリース配信会社と契約をしています。
この配信会社は、20以上の主要メディアと7000以上の末端メディアへの一斉配信をするメディアで、協会もこの配信会社から発信したプレスリリースの中から、テレビや雑誌への出演依頼・掲載実績があります。
プレスリリースを書く技術や知識があっても
「どこに配信したらいいのか」
「自分個人の名前でプレスリリース発信をしても信用力がない」
という会員様の声にお応えする形で今回の講座を開催します。
今回の講座を受講された方は、協会の名前でプレスリリース配信ができるようになります(審査等あり)。
フードアナリストとしての会員様のブランディングや営業にご利用いただければと思います。
※プレスリリース無料配信ができるのはフードアナリスト協会の認定会員だけです。

【セミナー概要】

  1. 9つの食の情報、8つのニュース性、16の食の商品開発のポイントとは何か
  2. プレスリリースを成功させるための4つの約束事とは
  3. 誰にでも書ける簡単なリリース文章構成
  4. メディアに取りあげてもらいやすい常套フレーズはこれだ!
  5. 思わず担当者が取り上げたくなるプレスリリースタイトルの書き方
  6. 実際にプレスリリースのタイトルを考えてみよう(ワークショップ)
  7. 協会の名前を使ってメディア配信するためのルール
  8. 200以上のメディア配信をしてくれる会社の紹介
    (協会がサブスク契約をしていますので会員さんは無料で配信できます。)
  9. どのようなプレスリリースならば配信できるのか?
  10. プレスリリースの書き方とメディア配信会社のフォーマット
日時 3月29日(水) 19:00~20:30
会場 WEB受講のみ(ZOOMを使ったセミナーです)
講師 日本フードアナリスト協会理事長 横井裕之
持ち物 筆記用具
受講料 認定会員  無料
学生会員  無料
正会員(賛助会員):3,300円(税込)
準会員(休会会員):5,500円(税込)
一般    11,000円(税込)
申込み 下記WEBフォームよりお申込くださいませ。
お申し込みはこちら

復刻料理を食べながら江戸・明治の食文化に思いを馳せるセミナー

~堀潤のモーニングFLAGレギュラーコメンテーター(フードアナリスト)の解説の食事会~

久しぶりに「フードアナリスト・ガイド」の会を復活します。
フードアナリスト・ガイドの会とは、フードアナリストによる飲食店研究会です。
今回の舞台は「お江戸日本橋」。日本橋は、江戸時代から武家屋敷が立ち並ぶ山手に対して、町人文化の中心地下町を代表する地域でした。東京は新宿や渋谷などの比較的歴史の浅い街が多い中で、日本橋は江戸時代初期からの歴史と伝統を持つ数少ない地域です。
また五街道(東海道 、 中山道 、 日光街道 、 奥州街道 、 甲州街道)の起点であり終点でもあり、日本全国の食文化の往来する街でした。
江戸時代から江戸食文化の中心を担い続けてきた地域。この日本橋に「日本橋 食の會」という飲食店を3年半前に開業した長内あや愛さん。食のなでしこさんであり、復刻料理専門家、食文化研究家としてMXテレビ「堀潤のモーニングFLAG木曜日コメンテーター」としても活躍中のフードアナリストです。
長内先生は、大学・大学院で江戸と明治の食文化を研究。「日本橋 食の会」でも、江戸・明治時代の復刻料理を提供しています。江戸時代は日本料理、明治以降は西洋料理も入ります。
今回は、横井理事長と長内先生2人の解説を聞きながら、江戸時代、明治以降の日本橋界隈の食文化を逍遥しながら、福沢諭吉や夏目漱石の食べた復刻料理に舌鼓を打つ、という企画です。
人数は20名限定先着順。東京の食文化の源流を一度しっかりと学んでみませんか。フードアナリスト仲間との交流親睦も楽しみな会です。

【長内 あや愛(おさない あやめ)先生プロフィール】
フードアナリスト、食文化研究家/ 食の会 代表/慶應義塾大学SFC研究所・上席研究所員/東京MX堀潤モーニングFLAG 木曜レギュラーコメンテーター/吉本興業文化部
食の聖地”日本橋”で【食の會 日本橋】という研究発表と飲食店を運営中。

日時 2023年4月11日(火) 18:30開場、19:00スタート
会場 日本橋 食の會
住所:東京都中央区日本橋室町1‐11-2 2階
アクセス:半蔵門線三越前A1出口から徒歩1分
講師 横井裕之理事長、長内あや愛先生
持ち物 簡単な筆記用具
定員 20名
(小さなお店です。定員になり次第、締め切らせていただきます。)
参加費 食事&ドリンク代: 6,000円
(協会では徴収しません。直接お店にお支払いお願いします。)

本音で話す「栄養士」「管理栄養士」「食の現場のお仕事」の話

現在大学3年生は必ず聞いて下さい!栄養士として働くために就職を見すえて今、やるべきことは何か?

保育園の栄養士、企業の栄養士、そして病院管理栄養士を経てフリー管理栄養士として活躍する竹内先生から、現在、栄養士、管理栄養士、栄養士養成施設の学生さん、それから食の業界を目指す学生さんに向けての就職セミナーです。
就職する前に必ず聞いておきたい内容です。今回、講演していただく竹内先生は、短大栄養学科で栄養士資格を取得後、保育園の栄養士として就職。月給12万円(残業代なし休日出勤多しのブラック職場)で、同僚保育士と食堂のパート年配女性の方々との板挟みに悩みながらも、4年間働いた後、社会人野球選手の栄養士としてステップアップし、多くの野球選手をサポートしてきました。
管理栄養士は、栄養士既卒者資格で合格。その後、合格率15%のフードアナリスト2級も併せて取得。情報発信のできる管理栄養士を目指しました。
その後は病院管理栄養士としてキャリアを重ね、現在はフリーの管理栄養士として活躍されています。
フジテレビの「めざましテレビ」などで管理栄養士・フードアナリストとして食の解説をされている姿をテレビで見かけた方も多いかと思います。
保育園栄養士、企業の栄養士、野球選手の食事指導栄養士、病院管理栄養士と、あらゆる職場の栄養士を経験し、それぞれの持ち場で、成果を上げてきました。
それぞれの職場の特徴、就職・転職試験について。
栄養士、管理栄養士のお仕事内容のリアル。
良いところ嫌なところも全部本音で話していただきます。
今回の講演では、竹内先生が栄養短大を卒業してからフリーランスに至るまでの経歴や、就職や転職、独立にあたり役に立った経験や栄養士以外の資格などについてお話を聞くことができる滅多にないセミナーです。
質疑応答の時間も予定しています。人脈や相談も。

【講座内容】
1. 竹内先生の経歴(卒業から独立まで)
2. 保育園の栄養士、企業栄養士、野球選手付き栄養士の仕事。
3. 病院栄養士の仕事について
4. フリーランス栄養士のメリット・デメリット
5. 子育てと栄養士のバランス
6. 栄養士とフードアナリスト ~スキルのかけ算~
7.質疑応答

栄養士、管理栄養士のお仕事について、酸いも苦いも甘いもリアルに体験して知る竹内先生が、包み隠さず90分間お話します。栄養士を目指す学生の方はもちろん、社会人の方も必聴です。学生の皆さまは無料ですので、ぜひご参加ください。

【竹内寿美恵先生プロフィール】
管理栄養士、フードアナリスト。短大卒業後、保育園栄養士として働く。
その後、既卒者資格試験を受験し管理栄養士になる。
社会人野球選手の管理栄養士、病院管理栄養士を経験し、現在はフリーの管理栄養士・フードアナリストとして、多くの企業や個人のコンサルティング業務に関わる。
海外留学も経験しホリスティックな価値観を持つ、管理栄養士の新たなロールモデルとしても期待されている。
最近ではアレルギーやビーガン、ハラル等のフード・マイノリティの啓蒙活動や、美味しい栄養管理メニューの開発などにも注力している。

日時 2023年4月21日(金) 19:00~20:30
会場 WEB受講のみ(ZOOMを使ったセミナーです)
講師 竹内寿美恵先生
持ち物 筆記用具
受講料 認定会員  無料
学生会員  無料
正会員(賛助会員):3,300円(税込)
準会員(休会会員):5,500円(税込)
一般    11,000円(税込)
申込み 下記WEBフォームよりお申込くださいませ。
お申し込みはこちら

フードアナリスト講師養成アカデミー(東京)

※フードアナリスト2級合格者のみ受験できます。

日時 日程調整中

フードアナリスト講師養成アカデミー(大阪)

※フードアナリスト2級合格者のみ受験できます。

日時 日程調整中

[オンライン]講師アカデミー研究会

講師アカデミー研究会は、日本フードアナリスト協会認定講師の研鑽のための研修会で、原則として毎月第1水曜日に開催しています。
毎回、横井理事長が主催している協会直轄の研究会です。

協会としての食や食文化の考え方や、4級を中心に、教本を研究するパート、模擬講義、ワークショップなど、認定講師として必要なスキルと知識を身に着けることを杢目標としています。

毎回、出欠を取り、講師登壇依頼をする際の参考にもなります。
フードアナリストは一生勉強です。
教えることが最大の学びです。
新しく講師になった方、中堅どころの講師の方はもちろん、ベテランの講師も是非、1カ月に1度の研究会に是非、参加してください。

フードアナリスト協会の認定講師同士は仲間意識があり、とても仲が良く、万が一、講義当日に体調が悪くなったり事故に遭ったりするとき、講師仲間と親しければ心強くもあります。
認定講師の仲間を作るためにこの研究会に参加する方もいらっしゃいます。

日時 毎月第1水曜日
13:00~14:30、19:00~20:30
内 容

フードアナリスト教本(4級~1級)の内容について
フードアナリスト認定講師に必要な知識
講義の間、時間が余った時の蘊蓄話の共有
認定講師同士の親睦・交流
1分間近況報告スピーチ(全員)
横井理事長の話

会場 Zoom限定(オンライン)
参加資格 認定講師資格の取得者
申込み 今後のスケジュール
1月4日(水) 13:00~14:30、19:00~20:30
2月1日(水) 13:00~14:30、19:00~20:30
3月1日(水) 13:00~14:30、19:00~20:30
(人数と出欠の確認のため参加の場合、毎回の申込をお願いします。)
こちらWEBフォームよりお申し込みください ≫
※新しい事後報告書の詳細について、自動返信メールに記載があります。必ずご確認ください。
※今回はオンライン講座です。当日使用するパスコードは自動返信メールに記載があります。
 お申込み後30分を経過してもメールが届かない場合は、協会までご連絡ください。

[オンライン]外国人向け専任講師・準講師アカデミー研究会

日時

(日程調整中)

会場 Zoom限定(オンライン)
参加資格 外国人向け専任講師・準講師の資格取得者

[直営講座・各会場]フードアナリスト養成講座の実習生

※フードアナリスト1級1次試験合格者のみ受験できます。

内容 「フードアナリスト4級養成講座・3級養成講座」に『実習生』として参加していただく制度です。
実際の速習講座、現場での実習していただき1日の流れや現場の雰囲気、先輩講師の講義を聴講できる仕組みです。
協会によるルールでは、最低でも2回以上の実習経験がないとデビュー出来ませんが、それ以上、何度でも参加できます。
将来講師として登壇していくため、特別に無料で他の講師の授業を聴講することができます。
先輩講師の講義を聴いて、自分の講義を客観的に見直す。
全体の雰囲気、受講生の様子など、現場の空気に慣れることを体験していただきます。 
実習生の方は、スタッフ同様、講座全体の流れを把握していただくため、登壇前の準備として、講座開始前の設営準備から受付、タイムキーパー、講座終了後の片付け(所要 約20分)など、講座を円滑に運営するためのノウハウも学んでいただくため、運営のお手伝いもしていただきます。
※要事前予約
※3級講座の実習生聴講は4級講座の講師登壇実績がある方のみ参加できます。
※会場定員の関係から参加人数の調整をさせていただく場合がございます。
参加資格 認定講師ライセンス取得者
募集日程 [4級]直営講座であれば全日程可能
[3級]直営講座であれば全日程可能
※詳細については事務局までお問い合わせください。
ご注意 ・必ず講座開始30分前に集合してください。
・服装はスーツまたはそれに準ずるもの。
・ 途中参加、途中退出はできません。
・ 受講中に、寝る・他の作業を行う等、授業の妨げとなる方は、退出していただきます
・ 手当てなどは支給されません。
・ 聴講は無料です。
・ 参加可能な実習生募集は定員の関係上若干名です。定員になり次第、締切らせていただきます。
予約申込み・問合せ FA会員サポート ≫ 協会管理部 実習生担当まで