会員向け講座

<禁止事項・お願いの内容>
録画・録音・撮影は犯罪です。
セミナー情報の動画・静止画・音声での記録は禁止させていただいております。
本セミナーの録画・録音・撮影、スクリーンショットやダウンロード、また資料の無断転用は固くお断りいたします。
万一これらの行為が発覚した場合、著作権及び肖像権侵害で対処させていただくことがありますので、あらかじめ ご了承ください。

<重要> 新型コロナウイルス感染症への対応について

対策講座での対策
当協会では皆様に安心してご受講頂けるよう、下記の感染予防対策を徹底致します。
・各休憩時に窓やドアを開け換気をこまめに行い、教室の空気を入れ替えます。
・消毒液、ウェットティッシュを常備しております。お手洗い、外出から戻った際は消毒をできるよう対応しております。
・朝の準備時に机、扉、ドアノブなどの消毒をしております。
・受講生の座席間隔をできるだけ広げております。
・前列と講師との距離をできるだけ広げております。
・オンライン受講での受講を可能とし、ご自宅で講座受講・検定試験を受けて頂けます。
・来場してご受講される方には、マスクの着用をお願いしております。

会員向講座・特別講座

資格取得後もフードアナリストのための研修会、特別講座を開催しています。

フードアナリスト会員向け特別講座一覧

■ [ 9/14] ■ [ 9/21] オンライン 学生無料 ■ [ 9/29] オンライン 会員限定 ■ [10/27] オンライン ■ [11/ 7] オンライン 学生無料 ■ [11/ 9] オンライン 学生無料 ■ [11/10] オンライン 学生無料 ■ [11/16] オンライン 学生無料 ■ [11/17] オンライン 学生無料 ■ [11/22] オンライン 学生無料 ■ [11/24] オンライン 学生無料 ■ [11/29] オンライン 学生無料

フードアナリスト会員[2級取得以上]向け特別講座一覧


■[東京] (日程調整中)フードアナリスト講師養成アカデミー
■[大阪] (日程調整中)フードアナリスト講師養成アカデミー

フードアナリスト認定講師向け一覧<無料>

オンライン [毎月第1水曜日] 講師アカデミー研究会 無料
オンライン 外国人向け専任講師・準講師アカデミー研究会 無料
■ [直営講座・各会場]フードアナリスト養成講座の実習生 無料

【お申込みの際のご注意】

・ 定員になり次第申込みを締め切らせていただきます(申込みフォームは閉鎖いたします)。
・ 準備の都合上、必ず事前申込みをお願い致します。無断でのご参加はお控えください。
・ お申し込み後、5営業日以内のご入金をお願い致します。講座開催日まで5営業日を過ぎている場合は、即日のご入金をお願い致します。
・お申し込みは、お一人ずつお願い致します。データベースにて管理しておりますので、ご協力をお願い致します。

【キャンセルポリシー】

・直前や当日のキャンセルはお控えくださいますようお願い致します。
・やむを得ない理由により講座をキャンセルされる場合は、必ず事務局までご連絡ください。
・ご連絡のないキャンセルを繰り返しされた場合、今後の受講を制限させていただくことがございます。
・また、お客様の都合によるキャンセルの場合、原則、受講料の返金は致しかねます。
・別日程への振り替えが可能な講座については、事務局までご相談ください。

◆問合せ先: FA会員サポート >> TEL: 0120-650-519
◆振込先:三菱UFJ銀行 麹町中央支店 普通口座 0039762 フードアナリストコウザグチ

「商品開発研究会」のお知らせ

~マーケティングの知識を本格的に学べるチャンス!~

商品開発研究会はフードアナリスト正会員、認定会員ならば誰でも無料で参加できる会員制セミナー形式の勉強会です。
毎月第4水曜日に開催しています。(特段の事情があった場合は予め告知した上で前後に変更になる場合があります。)
商品開発研究会は、今話題沸騰中の「ジャパン・フード・セレクション」(日本発世界へ発信する食品評価審査制度)の審査員を育成するための勉強会として今から8年ほど前の2013年に発足しました。
ジャパン・フード・セレクションは、1次審査(4級以上)、2次審査(3級以上)、最終審査(2級以上)の3回の審査会を毎月、東京セミナールームで開催しています。
1月20日締め切り分より、1次審査にも審査員報酬(薄謝)が出る様になりました。
1次審査は30チェック項目、2次審査は50チェック項目、最終審査は100のチェック項目に基づいて審査をしていただきます。
チェック項目は、味覚だけでなく、ニュース性、五感、ストーリー性、後味、安全性、ネーミング、商品説明力、パッケージや利便性、トレンドや購買ターゲットへの訴求力まで多岐にわたります。
業界団体や身内同士で評価し合って表彰をしている審査制度ではありません。食のプロ=食べるプロ=フードアナリストが、忖度なしで食品に真剣に向き合う審査表彰制度です。
商品開発研究会は、このジャパン・フード・セレクションの最終審査員の「フードアナリスト(審査)レポート」を書く事ができるようになるための勉強会です。
某ヨーロッパの有名な審査表彰制度では、必ずコンサルタント、と言う方が出品企業へアドバイスをします。コンサルタントは外国語翻訳や商品開発、商品説明や旅券、ホテルの手配まで請け負うと聞いています。
1件につき、コンサルタントは最低50万円。多い時は500万円以上のお金をコンサルティング報酬として受け取ります。
ジャパン・フード・セレクションも、昨年のキリン本麒麟以来、一気に知名度を上げてきています。実際、問合せ件数は、1年前の20倍以上になってきています。この手の審査表彰制度は、一度認知度が上がり出したら、急激に上がるもの。
ジャパン・フード・セレクションの目標は某ヨーロッパの審査制度ですが、ここに来て、もしかしたら、という状況も見え始めています。
実際に審査をするという事は非公開のチェック項目も眼にしますし、何よりも、審査のチェック項目というのはどのような構成と成り立ちになっているかを知る事ができます。
ジャパン・フード・セレクションがもっと有名になれば、コンサルタントのニーズは高まります。その時に、元ジャパン・フード・セレクション審査員というのは大きな肩書になるはずです。フードアナリスト審査レポートは、ジャパン・フード・セレクション以外でもお金になります。
コンサルティングとは「レポートを書く事」が主業務、という人がいるくらい大切です。
趣味で食を楽しむ、というフードアナリストの方も、食を楽しむ視点が圧倒的に増えます。

【概要】
名称:商品開発研究会
日時:毎月開催 毎月第4水曜日(予告して変更あり)
時間:昼の部  13時~14時半(90分間)  
   夜の部  19時~20時半(90分間)
(昼の部、夜の部とも毎月第4水曜日に開催しています。
昼の部、夜の部とも内容は同じです。)
内容:
1.教科書(教科書を1冊選定、数カ月から1年かけて1冊を研究します。)
教科書はコトラー、ドラッガーを中心にマーケティングや知的リテラシーについての本を講師と一緒に研究していきます。ワークショップなど一緒に考える内容です。
★2022年4月27日(水)からは新しい教科書
これだけは知っておきたい「マーケティング」の基礎と常識
大山秀一 著/フォレスト出版 税込1430円 (中古でも可)
2.ジャパン・フード・セレクションチェック項目研究
3.ジャパン・フード・セレクション表彰作品研究
 (出品作品について試食などをしながら感想や講評)
講師:一般社団法人日本フードアナリスト協会 理事長 横井裕之
費用:無料

日時 8月24日(水)
昼の部  13:00~14:30
夜の部  19:00~20:30
会場 Zoom限定(オンライン)
持ち物 ★2022年4月27日(水)からは新しい教科書
これだけは知っておきたい「マーケティング」の基礎と常識
大山秀一 著/フォレスト出版 税込1430円 (中古でも可)
※書籍を各自ご用意の上、ご参加ください。
受講料 無料
講師 横井裕之(日本フードアナリスト協会理事長)
参加条件 ・フードアナリスト会員であること
・商品開発研究会に興味のある方
申込み 下記WEBフォームよりお申込くださいませ。
お申し込みはこちら

フードアナリストと出版に関する特別講座

世界初の冷や汁専門書『冷や汁万歳 復権!〝万能〟の伝統食』はどのように生まれたのか?

このたび、フードアナリストにして日本一の「冷や汁研究家」「冷や汁エバンジェリスト(伝道師)」である日高大介先生が、世界で初めての冷や汁の専門書となる『冷や汁万歳 復権〝万能〟の伝統食』(鉱脈社、1,650円)という本を出版されました。
この本の出版を記念して、本を出版することになった動機や、完成までのプロセス、完成後の販売の取り組みなどを語っていただく特別講座を開催します。
セミナールームの参加者の皆さんには、『冷や汁万歳 復権〝万能〟の伝統食』を1冊差し上げます(ご希望の方には、日高先生のサインをお入れします)。
これから本の出版を考えていらっしゃるアナリストの皆さんにも必ず参考になることがあると思いますので、たくさんの方のご参加をお待ちします。

【日高大介先生 プロフィール】
1962年宮崎市生まれ
さいころ株式会社代表取締役
2級フードアナリスト、日本フードアナリスト協会認定講師・広報委員
宮崎てげてげ通信ライター・編集者
小学5年生の頃から料理に目覚め、料理本を見ながら様々な料理の研究にいそしむ。
2008年に「白の冷や汁」考案し『anan』に掲載。続いて『赤の冷や汁』も考案。
2015年にフードアナリストの資格を取得し、毎月の勉強会の中で冷や汁の歴史に触れたことで文献調査等を行い、そこで得た知見を元に、2018年より「冷や汁エバンジェリスト」として活動中。

【こんな方にオススメ!】
出版を考えているフードアナリスト。

日時 9月21日(水) 19:00~20:30
会場 協会セミナールーム、もしくはオンライン
◆日本フードアナリスト協会セミナールーム
住所:東京都千代田区麹町3-12-11 麹町田村ビル2階
アクセス:半蔵門線半蔵門駅5番出口より徒歩4分、有楽町線麹町駅3番出口より徒歩3分 ▼地図
講師 日高大介先生
持ち物 筆記用具
受講料 来場の場合 1,500円(税込、本1冊、冷や汁の素付き)
オンライン 無料
申込み 下記WEBフォームよりお申込くださいませ。
お申し込みはこちら
※お申込み完了後に自動返信メールが届きます。
 30分を経過してもメールが届かない場合は、協会までご連絡ください。

満席となりました。
洋食発祥の地「銀座煉瓦亭」での実践研修食事会

洋食発祥の地「銀座煉瓦亭」でフードアナリスト相川知輝さん解説を聞きながら実践研修食事会を開催します!(フードアナリスト・ガイドの会=フードアナリスト解説つきの食事会)

~カツレツ、オムライス、海老フライ、カキフライ発祥の店・銀座煉瓦亭を体感しよう!
あの洋食メニューが生まれた場所で、洋食の歴史と、元祖の味を体験する会~

洋食は日本独自の食文化です。
日本に洋食が根付いてから150年以上が経ちました。
カツレツ、オムライス、海老フライ、カキフライ、ハヤシライス等々、食卓にも登場する洋食の定番は、銀座にある洋食店・煉瓦亭で発明された、とされています。
(食べ物の発祥には諸説があるため、そのうちの1つと捉えてください)

銀座煉瓦亭は創業1895年(明治28年)。洋食がまだ高価で御馳走で一部の方にしか食べられなかった時代の洋食屋さんです。
洋食の発祥の地であり数々の洋食の名メニューを輩出してきた名店中の名店です。
とんかつの製法、キャベツの千切りの付け合わせなどを考案した店としてもあまりにも有名です。
創業から実に127年。長く続くには理由があります。閉店せずに継続できているには理由があります。
今回の実践研修食事会では、100年続くレストランを2,000軒以上訪問した老舗専門フードアナリスト相川知輝先生が実践研修食事会を開催します!

【内容】
「日本の洋食の歴史」
・煉瓦亭代表 木田さんからの煉瓦亭のご紹介
・元祖の食べ物実食会
煉瓦亭さんの名物を一度に食べられ、フードアナリストとしての素養が身に付き、洋食と洋食の歴史について詳しくなれるチャンスです。先着20名、ぜひご参加ください!
是非、文明開化と127年の歴史の重みを感じながら銀座煉瓦亭の食事に舌鼓を打つ会に参加しませんか。

【煉瓦亭・プロフィール】
1895年創業・現在の洋食メニュー数多くの発祥店とされる、「洋食の本流」とも言えるお店。
オムライス等の発祥だけでなく、「お皿にライス」、「とんかつにキャベツの千切り」といった、日本に和食が溶け込むための新しい手法を数多く生み出した老舗店です。

【主催者・相川知輝プロフィール】
大正以前の老舗飲食店を2000軒以上訪問した、(おそらく)日本で一番老舗店を訪問しているフードアナリスト。
東京カレンダー公認インフルエンサー、富山県アンバサダーを務める。

日時 9月14日(水) 19:00~21:00
講師 相川 知輝 / 木田 浩一朗(煉瓦亭5代目)
会場 銀座煉瓦亭
住所:東京都中央区銀座3丁目5-16
参加費 9,000円
 ※会員資格に関わらず価格一律となります。
申込み 満席となりました。

フードアナリストとフードスペシャリストとの比較研究

同じ食の専門家でもこれだけ違う

(協会内限定極秘講座です。認定会員もしくは正会員のみ参加可能です。)
フードスペシャリストという資格をご存じでしょうか。日本フードスペシャリスト協会が認定している食の専門家資格です。

「食の本質が美味しさ、楽しさ、おもてなし、にあることをしっかり学び、食に関する幅広い知識と技術を身にすけた食の専門家」(日本フードスペシャリスト協会HP)とされています。

フードアナリストは最近、フードスペシャリストと比べられます。
実際、多くの大学教授からフードアナリストとフードスペシャリストの違いについて教えて欲しい、という依頼をいただいています。

今回、フードスペシャリストの教科書全9冊を購入。
私たちのフードアナリスト教本全11冊と比較し、カリキュラムの差異を精査。
受験資格や資格内容、受験科目、受験制度や合格者数、合格率などHP等から比較できる数字は全て網羅し比較検討研究をしました。
フードスペシャリストとフードアナリストの良い評判と悪い評判も全てお話します。

結論、フードアナリストとフードスペシャリストは全く違う資格で目的も対象も、職業像もまったく違います。
どちらが上でどちらが下、という訳ではありません。
目指している場所が全く違うのです。

フードアナリストとフードスペシャリストは何がどのように違うのか、この勉強会でははっきりとわかります。
今回の講座はフードアナリスト限定。使う資料については協会内での勉強用資料ですので、完全に持ち出し無用。
約束が守れるフードアナリスト認定会員および正会員のみ参加可能です。

日時 10月27日(木) 19:00~21:00
会場 Zoom限定(オンライン)
持ち物 筆記用具、勉強用資料(自動返信メールにてご案内致します)
講師 横井裕之 日本フードアナリスト協会理事長
参加費 無料
申込み 下記WEBフォームよりお申込くださいませ。
お申し込みはこちら
※お申込み完了後に自動返信メールが届きます。
 30分を経過してもメールが届かない場合は、協会までご連絡ください。

美味しさを表現する「食の言葉学」セミナー

~「美味しさ」を言葉で表現するフードアナリストが奏でる総合芸術!フードアナリスト必聴のセミナーです。~

「胃の中に入ってしまえばなんでも同じ」
なのに、人間は、おいしいものを食べたい、素敵なレストランに行きたい、と願わずにはいられません。口に入れた後は跡形もなくなってしまう食べ物を、美しく調理するのはなぜなのでしょう。私たちは、栄養を摂取しているだけではなく、同時に、脳内で感覚が変化し、感性が育っていくのを楽しんでいるのです。感覚や感性がアップデートされると、言葉や思考も変化していきます。

人間は、感じたことを言葉にし、それを組み合わせて思考します。さらに考えたことを行動に移すことで、現実も変化します。つまり、「五感(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)」で何をキャッチするかによって、未来は変わるのです。

AIの発達した現代では、クリエイティブな発想が求められていますが、五感を刺激する食卓は、一種のアートとも言えます。実際、あるレストランのシェフは、食べるという体験を最大化するために、コース料理を1つの映画にたとえて、一皿ごとに起こる感情をデザインしているそうです。

それを読み解く食の体験は、未知への冒険。この味はどうやって生み出されたのだろう、この香りにはどんな効果があるのだろう、と五感をフル稼働して味わっていくと、その思考回路が脳に痕跡を与えて、感じ方が深まり、食以外の分野にも応用できるようになります。五感に意識を向けることは、人生の舵をとることにつながり、生きる力の源泉ともなります。そのため、食を探求する人は、知的好奇心や向上心が強く、魅力的な成功者が多いのです。

食べることを通して獲得できる、言葉の力や生きる力について学び、オンリーワンの人生の味わい方をフードアナリストとして見つめ直すセミナーです。

講師の園部いずみ先生は、2006年9月フードアナリスト資格取得。
教育機関で教鞭を執るかたわら、早稲田大学大学院(博士課程)で「食の感覚と表現」を研究してきた研究者であり小説家、エッセイスト、表現者です。
食の表現の専門家・フードアナリスト必聴のセミナーです。

【園部いずみ先生プロフィール】
フードアナリスト。リベラルアーティスト(教養×クリエイティブ)|「国語教育学(言葉の力)」と食・芸術・未病等様々な分野をフュージョンします。
文学賞受賞 専門書・教科書・新聞等執筆多数「言葉の力を生きる力へ」がミッション

日時 11月7日(月) 19:00~20:30
会場 協会セミナールーム、もしくはオンライン
◆日本フードアナリスト協会セミナールーム(人数制限あり)
住所:東京都千代田区麹町3-12-11 麹町田村ビル2階
アクセス:半蔵門線半蔵門駅5番出口より徒歩4分、有楽町線麹町駅3番出口より徒歩3分 ▼地図
講師 園部いずみ先生(フードアナリスト・リベラルアーティスト)
受講料 認定会員  無料
学生会員  無料
正会員(賛助会員):3,300円(税込)
準会員(休会会員):5,500円(税込)
一般   11,000円
申込み 下記WEBフォームよりお申込くださいませ。
お申し込みはこちら

TVショッピングで「かりんとう」を1億円売るカリスマバイヤーの食品を売るための秘訣セミナー

~企画から商品開発、TV出演まで全てをこなす敏腕フードアナリストが新型コロナ下とその通販食品市場を語ります~

「むかし百貨店、いまコンビニ」という言葉をご存じでしょうか。
大手商社が個人消費マーケティングで重視すべき媒体を示したものですが、つまり「お客さんが値引きしないで買ってくれる」「定価で売れる」売り場、という意味です。
百貨店は完全に存在意義を失くし、反対にコンビニがその利便性から小売業の主役に躍り出ました。
ただコンビニで買うのは日用品であり、実は大きく伸びているのが、ネットを中心として通販です。
特にTV通販業態は、動画を使ったものを含めれば新しい時代の主役となりつつあります。
特にTV通販は、資金力のある中高齢者が顧客の中心であり、安売りなどの値段競争だけではない高付加価値商品も売れています。
商品開発力、目利き力が重要なマーケットです。
今回、講演していただく大崎祥子先生は、1級フードアナリスト。
大手通販で食品を中心とした商品を販売する会社を経営されています。
商品の選定、商品企画、そしてゲストとしてTV通販番組に出演して
食品として記録的な販売金額を記録するカリスマゲストでもあります。
かりんとう販売であっという間に1億円を販売したこともあります。
1日で牡蠣の缶詰を1億円完売。
大崎先生が主に通販で販売する食品は美容機器や家電製品、サプリメントのような数万円する商品ではなく数千円程度の比較的値段の張らない商品で、億単位で販売できるのは商品性はもちろんですが、TV通販販売力が必要となります。

1. テレビ通販とは
2. テレビ通販の利用者層
3. テレビ通販で売れる商品とは
4. テレビ通販で売るための話し方、話法、慣用句
5. 食品のテレビ通販の展望

を中心にお話していただきます。
大崎先生も1級フードアナリスト。
商品開発研究会で知り合ったフードアナリストの方と一緒に商品開発を進めるなどTV通販で食品を売りたい企画がある方も是非、大崎先生に相談してみてください。
食品の企画販売や販路拡大などの人脈作りにも役立つフードアナリストなら必聴の企画です。

【大﨑祥子先生プロフィール】
1級フードアナリスト®、日本フードアナリスト協会認定講師、日本箸教育講師。
早稲田大学文学部哲学科心理学専修卒業後、株式会社ノヴァで「お茶の間留学」の企画、開発に携わり、遠隔で情報を伝える楽しさを覚える。
広告代理店に転職後、2001年に起業。化粧品、健康食品の企画などを行うが、2003年より、「自分が食べたい商品の企画・販売」に方向転換。持ち前の行動力と、幼少期より母親から教育された味覚を生かし、お家で食べて美味しくて幸せになる商品の企画、開発、販売をスタート。
大手TV通販SHOPチャンネルでは、「大﨑祥子のおすすめ」として、自身が出演し販売する商品も多数。
生産者の「熱い思い」と視聴者の「知りたい気持ち」をつなぐ、人々の心に寄り添う、明るく楽しい放送が毎回大好評。ファンの方々からの直接のお電話を、OA中にいただき涙することも。
1日で1億円以上売り上げる『TV通販業界の食のプロシューマー』として、日々新商品開発のアンテナを張っている。 現在まで、250種類以上の商品と150社以上のメーカーの思いを視聴者にお届けしている。

日時 11月9日(水) 19:00~20:30
会場 Zoom限定(オンライン)
講師 大崎祥子先生
受講料 認定会員  無料
学生会員  無料
正会員(賛助会員):1,100円(税込)
準会員(休会会員):3,300円(税込)
一般   11,000円
申込み 下記WEBフォームよりお申込くださいませ。
お申し込みはこちら

世界従業員数15万人の外資系食品商社のビジネスウーマンが語る乳製品の世界

~外資系食品商社のデイリーと乳製品の流通と将来展望~

日本では食料自給率は約38%(カロリーベース)と、先進国の中でも低い数値となっており、私たちの食生活は海外からの輸入に非常に頼っています。
世界各国のニュースが身近になってきている中、食についてもグローバルが進んでおり、一見、食とは関係のなさそうなニュースや事象も私たちの食生活に密接に関係してきます。
2022年2月24日に始まったウクライナ危機によって大きく世界は変わりました。
新型コロナウィルスの感染拡大で変容していた世界に、ウクライナ危機が加わり、さらに拍車がかかった状態です。
天然ガスを中心とした豊富なエネルギー大国であるロシアからの原油や天然ガスの輸入がストップした欧州諸国は経済的に困難を極めています。
特に農業大国であるウクライナ産、ロシア産の小麦粉、トウモロコシ、ヒマワリ油などの食糧や穀物の輸出が激減したことにより、この地球は近年経験したことのない食糧不足の現象に見舞われています。
世界有数の穀倉地帯であるウクライナからの穀物に頼っていたアフリカや中近東の国々では特に深刻です。
世界の食糧問題は、エネルギー問題と同じくらい人間の生活にとって大切であるか、を今回のウクライナ危機は際立たせる結果となりました。
ウクライナ危機は、乳製品の世界にも大きな影響を及ぼしています。
今回、講演いただく谷村梓先生は、外資系の食品専門商社の乳製品部門で働くバリバリのビジネスウーマンです。
乳製品の主戦場は、イタリア、フランス、スイスだけでなくニュージーランドや豪州もあります。特にニュージーランドは酪農大国であり、世界の乳製品マーケットに大きな影響を与える国だとされています。
日々、英語が飛び交う外資系食品商社、という職場ではどのような仕事をしているのか?
どうやって入社したのか?外資系商社で働くためのエトセトラ。
日々の仕事はどうやって刻刻と動いているのか?
扱っている商品は何で、どんな部署があるのか?
のような就職志望の大学生向けの話から乳製品の流通について
世界の乳製品のあれこれ。
最近の乳製品のトレンド。
ウクライナ危機によって乳製品の流通はどう変わったか。
今後の乳製品の動向と展望。
まですべて本音でお話しいただけます。
チーズ、ヨーグルトが好きな方はもちろん、すべての学び続けるフードアナリストが聞いておくべき講演です。
WEBでも受講できますので、全国どこからでも受講可能です。

日時 11月10日(木) 19:00~20:30
会場 協会セミナールーム、もしくはオンライン
◆日本フードアナリスト協会セミナールーム
住所:東京都千代田区麹町3-12-11 麹町田村ビル2階
アクセス:半蔵門線半蔵門駅5番出口より徒歩4分、有楽町線麹町駅3番出口より徒歩3分 ▼地図
講師 谷村梓先生
(カーギルジャパン合同会社 東食ビジネス・ユニット 製菓・乳業本部 乳製品部)
受講料 認定会員  無料
学生会員  無料
正会員(賛助会員):3,300円(税込)
準会員(休会会員):5,500円(税込)
一般    参加不可
申込み 下記WEBフォームよりお申込くださいませ。
お申し込みはこちら

大手食品商社の視点から食を考える!
三井食品マーケティング担当者が語る 今後期待される食品流通業の機能と「求められる人財」について

21世紀は食が大きなビジネスチャンスになりそうです。
日本は少子高齢化社会が進んでいますが、東南アジア、中近東、アフリカを中心に人口爆発が起こっており、世界人口は77億人を突破しています。つまり、77億の胃袋がある、ということです。
総合商社の花形は常にエネルギー業種でしたが、最近は“食”ビジネスも大きな注目を集めています。
穀物や食肉流通は全世界を巻き込んだ大きなビジネスになっているのと同時に、チョコレートやビール、ワインなどの嗜好品にもビジネスチャンスがあります。
食の業界は、物量、質ともに、今後増え続ける人口と共に成長産業として注目されています。
また、生活基幹産業として必ず必要不可欠な分野です。世界の食糧・食品の流通を担ってきたのは総合商社です。
その一次団体の食品商社が実際に小回りの利く実働部隊であり、食糧・食品の流通の中枢を担ってきたと言えます。

三菱商事には三菱食品
三井物産には三井食品
伊藤忠には伊藤忠食品や日本アクセス
住友商事には住商フーズ

などが大手商社系の食品商社にあたり、大学生の商社就職ランキングでも、毎年ベスト10に入る程の人気企業です。
食品商社の仕事は多岐にわたります。大手食品商社の顧客は外食業よりも、むしろスーパーやコンビニなど大衆の食に直結しています。

更に、最近では、新型コロナウイルスの流行により、私たちの生活に欠かせない“食”についても変化が出てきています。
今回の新型コロナ騒動では、外食業の売上が一気に落ちる一方、巣篭もり需要で、食品メーカーの売上はアップするなどの変化が見られます。またウクライナショックや台湾有事問題など食に関わる問題は

生活に一番密着している食品流通の現場のマーケティング担当者である藤懸先生から、食品を取り巻く現況と今後の消費傾向、表からは見られない“食”流通の裏側についてもお話しいただきます。
食のマーケティングの現場とは、どんな仕事をしているのか。
そしてそこで働く食品商社ビジネスマンの実像とは。
フードアナリストにとって最高に勉強になる、興味深い内容の講演です。
大学生の皆さんには、就職活動のコネクション、人脈作りにも役立つセミナーです。

【藤懸明子先生プロフィール】
大学卒業後、前身の会社に入社。
貿易実務や営業施策の検討、商品の仕入れ窓口などを担当後、約4年前からマーケティング部に所属。
市場動向の分析や得意先向け提案書の作成、展示会を通じた会社方針の発信などを担当。

日時 11月16日(水) 19:00~21:00
会場 協会セミナールーム、もしくはオンライン
◆日本フードアナリスト協会セミナールーム
住所:東京都千代田区麹町3-12-11 麹町田村ビル2階
アクセス:半蔵門線半蔵門駅5番出口より徒歩4分、有楽町線麹町駅3番出口より徒歩3分 ▼地図
持ち物 筆記用具
講師 藤懸明子先生(三井食品株式会社 営業開発本部 マーケティング部)
受講料 認定会員  無料
学生会員  無料
正会員(賛助会員):3,300円(税込)
準会員(休会会員):5,500円(税込)
一般    参加不可
申込み 下記WEBフォームよりお申込くださいませ。
お申し込みはこちら
※お申込み完了後に自動返信メールが届きます。
 30分を経過してもメールが届かない場合は、協会までご連絡ください。

食品メーカー&食品商社に入社したい学生向け就活セミナー

~「知っている」と「知らない」では大きな差がつく「就活に勝つ」ためのノウハウ~

就職活動が始まった大学3年生に向けた、食品メーカーや食品商社など食業界で採用を勝ち取るための特別講座です。
沢山の就職活動を成功に導いた中尾先生ですが、今回の内容は
① 就職活動を始める大学3年生に、自分の今の実力では無理そうな会社に内定をもらうには、今、どのような事をすれば良いか。
② 就職活動に自信がない大学3年生のための、来年の就職活動で「勝つ」ためのノウハウ。
③ 今年、就職活動中で、志望企業になかなか思うように内定がもらえていない大学4年生のための「一発逆転」の面接術。
を中心にお話いただきます。特に競争率の激しい就職先で「勝つ」ためのノウハウについて今回は特別に伝授。魅力ある企業は、労働環境、待遇、収入、福利厚生、安定等、多くの学生にとっても内定が欲しい企業です。「就職人気ランキング」にもノミネートされる競争率の大きな企業です。内定を勝ち取るためには、3年生のうちから就活を前提とした学生生活や活動をする必要があります。今回の参加者の皆さんは、そういった他では聞けないノウハウや裏話などもお聞きいただけます。

新型コロナの影響で、いまだ外出自粛などの感染症対策を余儀なくされる中、食品業界、食品商社、旅行、観光、総合商社の業界地図も大きく変わってきています。
外食業、観光業、旅行業は苦境に陥っている企業もあるかたわら、 通常通り新卒採用を予定している企業もあるなど企業体力の差もクローズアップされています。
対して、巣篭もり需要で、スーパーやコンビニに納入している食品商社や食品メーカーの中には、コロナ以前より売り上げを伸ばしている企業も多くあります。
そういった食業界の裏側などについても今回お話しいただきます。

大学生の就職活動も、エントリーシートや履歴書の書き方のノウハウが重要となり、WEB面談の成否が合格に直結する時代になりました。

今回、お話しいただく中尾あずさ先生は、旅行会社海外添乗員からリクルートに転職。
リクルートで17年間、3000人以上の学生の面接指導や内定支援を実施してきた就職のプロです。中尾先生が今回は「ここだけの話」「他では話せない話」をしていただきます。一度は聞いておいて損はない無料セミナーです。

【講演内容】
1.就職活動とはなにか?自分に合った就職とは?
2.新型コロナ時代の合格に直結するエントリーシート、履歴書の書き方の秘訣
3.面接で好印象を残すポイント5つ
4.一発逆転の就活例と逆転を生むためのノウハウ
5.就活でモノを言う「エントリーシートに書ける経験や資格」

現在、就職活動の真っ最中の学生はもちろん、2022年度の就活生は絶対に聞いておくべき内容をぎゅっと凝縮した講座です。
ほんの90分間、聴くか聴かないかで人生が変わります。
大学3年生の皆さん、是非ご参加お待ちしています。

【中尾あずさ先生プロフィール】
日本女子大学を卒業後、旅行会社に入社。営業と海外添乗員を経験した後、リクルートへ転職。
テレアポや飛び込み等で新規顧客の開拓をする泥臭い営業や、マネジメント、人材育成などにトータル17年携わる。
企業と求職者を3000人以上マッチングした経験から、「どんな人が企業に採用されるか」を熟知。
在職中に3人の子供を出産し、育児と仕事の両立も経験。
その後、独立しキャリアコンサルタントとして働く人の悩みの相談に乗ったり、大学生の就職支援や研修講師として活動中。
また、ワーキングマザーのコミュニティ「3rdPlaceCafe」を主宰。
飲食店を経営する夫と食べることが好きな中1女子と、Youtubeでメイクの練習をする女子力高めの小3女子と恐竜とドラえもんをこよなく愛する5歳男子との5人家族。

日時 11月17日(木) 19:00~21:00
会場 Zoom限定(オンライン)
持ち物 筆記用具
講師 中尾あずさ先生
受講料 無料
申込み 下記WEBフォームよりお申込くださいませ。
お申し込みはこちら
※お申込み完了後に自動返信メールが届きます。
 30分を経過してもメールが届かない場合は、協会までご連絡ください。

フードアナリストのための日経新聞の読み方セミナー

~日経新聞が驚くほど内容がわかって読めるようになるノウハウ~

フードアナリスト協会では、ネットや雑誌、テレビなどのメディアも大切ですが、新聞をしっかり読んで知識のインプットをすることを推奨しています。
情報発信を主戦場とするフードアナリストは、常に最新の食の情報をインプットしておく必要があるからです。
5大紙(朝日、読売、毎日、産経、日経)は、偏見が少ない、良識に富んだ新聞として安心して読む事ができる新聞としてお薦めです。
特に日経新聞は、日本のパワーペーパーと呼ばれ、ビジネスの指導者クラス、管理者クラス、経営者層以上が読む新聞。
しかし、「機械受注」「百貨店売上高」「GDP成長率」「経常損益」「インフレ率」など、経済用語もたくさん出てきて読みづらい、理解しづらい、と言って敬遠される方も多いようです。
日経新聞が読めたら朝日や読売は簡単に読めます。
日経新聞の読み方は他の新聞にも応用ができるノウハウです。
日経新聞には独特の読み方があります。
反対に読み方のノウハウを知らなければ、日経新聞はいつまでたっても「知的な飾り」「見栄のために持っている」だけの無用のモノ。
今回講師の横井理事長は、大手証券会社15年の日経新聞読みのプロ。
証券会社時代にも、日経新聞の読み方講座を社内で頼まれるほど、日経新聞、新聞の読み方に詳しく、多くの経済記事も執筆していました。
もちろん90分で、経済用語がすべてわかる様にはなりません。
しかしどうやったら読めて理解できるようになるか、というノウハウ満載のセミナーです。
フードビジネスも経営やマネジメント、マーケティングがわからなければ失敗する時代。
日経新聞には沢山のヒントがあり、これからのフードアナリストには絶対に必要な知識が満載の新聞です。
当日の日経新聞を持ってきてください。
横井理事長と一緒に日経新聞を読むコーナーもあります。
是非、一度、聴いてみてください。

日時 11月22日(火) 19:00~20:30
会場 WEB受講のみ(ZOOMを使ったセミナーです)
内容 日経新聞の読み方のノウハウを詳しく。
日経新聞を一緒に読んでみるコーナーもあります。
講師 日本フードアナリスト協会理事長 横井裕之
持ち物 当日の日経新聞朝刊(11月22日火曜日号)
受講料 認定会員  無料
学生会員  無料
正会員(賛助会員):3,300円(税込)
準会員(休会会員):5,500円(税込)
一般    11,000円(税込)
申込み 下記WEBフォームよりお申込くださいませ。
お申し込みはこちら

職業フードアナリストのための「プロフィール」の作り方講座

~プロフィールは「作る」もの。フードアナリストとして輝くための自己ブランディング術!

テレビやラジオへの出演、コラムやレシピ執筆、広報のお手伝い、商品開発やコンサルタント契約など、近年フードアナリストへの依頼は多くなるばかりです。
食の仕事を依頼する側が人選をする際に一番参考にしているのが、「プロフィール」だとされています。
ということは、依頼主が最初に見るプロフィールで一定のアピールが出来ていないと、仕事の依頼は遠のくばかりです。
売れるプロフィールには秘訣が存在します。
「料理研究家」よりも「イタリア料理研究家」
「イタリア料理研究家」よりも「パスタ研究家」。
「パスタ研究家」よりも「カルボナーラ研究家」の方が
好感度が上がり興味を持たれやすいとされています。

自分の一番の強みは何か。自分というフードアナリストを単純化してみる。
この講座では、プロフィールを書く際のポイントをお伝えするだけではありません。
プロフィールは大きく分けて4つのパートに分かれます。
もっともインパクトのある経歴とは。
ワークショップの時間を設けているので、より実戦的に学ぶことができます。
フードアナリストとして活躍したい方、フードビジネスの仕事が欲しい方は、営業の仕事をやってみたい方には必須の講座です。
「目からウロコでした」という受講生の声続出の、フードアナリスト協会屈指の人気講座です。
フードアナリストなら1度は受けてみてください。
毎回バージョンアップしていますので、2回目、3回目の方も是非。
日本フードアナリスト協会理事長 横井裕之が、フードアナリスト資格のビジョンも含めて講演いたします。

日時 11月24日(木) 19:00~20:30
会場 WEB受講のみ(ZOOMを使ったセミナーです)
講師 日本フードアナリスト協会理事長 横井裕之
持ち物 筆記用具
受講料 認定会員  無料
正会員(賛助会員):3,300円(税込)
準会員(休会会員):5,500円(税込)
一般    11,000円(税込)
申込み 下記WEBフォームよりお申込くださいませ。
お申し込みはこちら

「食のプレスリリースの書き方」の知識とノウハウ講座

~なぜフードアナリストはプレスリリースを書くのか?

最近では、テレビをはじめ雑誌、新聞、ラジオなどでもフードアナリストのメディア露出が話題になっています。
そこで求められるのは、フードアナリストとしての「食の情報の発信力」です。
その一つとして、「プレスリリースを書く知識とノウハウ」は必修です。
今回の講座では、フードビジネスシーンで話題になりやすい、プレスリリースの書き方を伝授します。

「8つのニュース性(日本新聞協会)」や「15の新商品開発のポイント」などの、超基礎的な話から、プレスリリースのタイトルや内容の書き方の法則まで、丁寧にレクチャーします。
日本フードアナリスト協会の名前を使って、フードアナリスト会員がプレスリリースを実施、会員自身のビジネスに繋げるノウハウについても、今回は詳しくお話しさせていただきます。
プレスリリースとフードビジネスとの繋がりを含め、情報の発信をマスターしましょう!

現在、フードアナリスト協会では定額制のプレスリリース配信会社と契約をしています。この配信会社は、20以上の主要メディアと7000以上の末端メディアへの一斉配信をするメディアで、協会もこの配信会社から発信したプレスリリースの中から、テレビや雑誌への出演依頼・掲載実績があります。
プレスリリースを書く技術や知識があっても
「どこに配信したらいいのか」
「自分個人の名前でプレスリリース発信をしても信用力がない」
という会員様の声にお応えする形で今回の講座を開催します。

今回の講座を受講された方は、協会の名前でプレスリリース配信ができるようになります(審査等あり)。
フードアナリストとしての会員様のブランディングや営業にご利用いただければと思います。
※プレスリリース無料配信ができるのはフードアナリスト協会の正会員だけです。

【セミナー概要】

  1. 9つの食の情報、8つのニュース性、15の食の商品開発のポイントとは何か
  2. プレスリリースを成功させるための4つの約束事とは
  3. 誰にでも書ける簡単なリリース文章構成
  4. メディアに取りあげてもらいやすい常套フレーズはこれだ!
  5. 思わず担当者が取り上げたくなるプレスリリースタイトルの書き方
  6. 実際にプレスリリースのタイトルを考えてみよう(ワークショップ)
  7. 協会の名前を使ってメディア配信するためのルール
  8. 7000以上のメディア配信をしてくれる会社の紹介
  9. どのようなプレスリリースならば配信できるのか?
  10. プレスリリースの書き方とメディア配信会社のフォーマット
日時 11月29日(火) 19:00~20:30
会場 WEB受講のみ(ZOOMを使ったセミナーです)
講師 日本フードアナリスト協会理事長 横井裕之
持ち物 筆記用具
受講料 認定会員  無料
学生会員  無料
正会員(賛助会員):3,300円(税込)
準会員(休会会員):5,500円(税込)
一般    11,000円(税込)
申込み 下記WEBフォームよりお申込くださいませ。
お申し込みはこちら

フードアナリスト講師養成アカデミー(東京)

※フードアナリスト2級合格者のみ受験できます。

日時 日程調整中

フードアナリスト講師養成アカデミー(大阪)

※フードアナリスト2級合格者のみ受験できます。

日時 日程調整中

[オンライン]講師アカデミー研究会

講師アカデミー研究会は、日本フードアナリスト協会認定講師の研鑽のための研修会で、原則として毎月第1水曜日に開催しています。
毎回、横井理事長が主催している協会直轄の研究会です。

協会としての食や食文化の考え方や、4級を中心に、教本を研究するパート、模擬講義、ワークショップなど、認定講師として必要なスキルと知識を身に着けることを杢目標としています。

毎回、出欠を取り、講師登壇依頼をする際の参考にもなります。
フードアナリストは一生勉強です。
教えることが最大の学びです。
新しく講師になった方、中堅どころの講師の方はもちろん、ベテランの講師も是非、1カ月に1度の研究会に是非、参加してください。

フードアナリスト協会の認定講師同士は仲間意識があり、とても仲が良く、万が一、講義当日に体調が悪くなったり事故に遭ったりするとき、講師仲間と親しければ心強くもあります。
認定講師の仲間を作るためにこの研究会に参加する方もいらっしゃいます。

日時 毎月第1水曜日
19:00~20:30
内 容

フードアナリスト教本(4級~1級)の内容について
フードアナリスト認定講師に必要な知識
講義の間、時間が余った時の蘊蓄話の共有
認定講師同士の親睦・交流
1分間近況報告スピーチ(全員)
横井理事長の話

会場 Zoom限定(オンライン)
参加資格 認定講師資格の取得者
申込み 今後のスケジュール
6月1日(水) 19:00~20:30
7月6日(水) 19:00~20:30
8月3日(水) 19:00~20:30
9月7日(水) 19:00~20:30
(人数と出欠の確認のため参加の場合、毎回の申込をお願いします。)
こちらWEBフォームよりお申し込みください ≫
※新しい事後報告書の詳細について、自動返信メールに記載があります。必ずご確認ください。
※今回はオンライン講座です。当日使用するパスコードは自動返信メールに記載があります。
 お申込み後30分を経過してもメールが届かない場合は、協会までご連絡ください。

[オンライン]外国人向け専任講師・準講師アカデミー研究会

日時

(日程調整中)

会場 Zoom限定(オンライン)
参加資格 外国人向け専任講師・準講師の資格取得者

[直営講座・各会場]フードアナリスト養成講座の実習生

※フードアナリスト1級1次試験合格者のみ受験できます。

内容 「フードアナリスト4級養成講座・3級養成講座」に『実習生』として参加していただく制度です。
実際の速習講座、現場での実習していただき1日の流れや現場の雰囲気、先輩講師の講義を聴講できる仕組みです。
協会によるルールでは、最低でも2回以上の実習経験がないとデビュー出来ませんが、それ以上、何度でも参加できます。
将来講師として登壇していくため、特別に無料で他の講師の授業を聴講することができます。
先輩講師の講義を聴いて、自分の講義を客観的に見直す。
全体の雰囲気、受講生の様子など、現場の空気に慣れることを体験していただきます。 
実習生の方は、スタッフ同様、講座全体の流れを把握していただくため、登壇前の準備として、講座開始前の設営準備から受付、タイムキーパー、講座終了後の片付け(所要 約20分)など、講座を円滑に運営するためのノウハウも学んでいただくため、運営のお手伝いもしていただきます。
※要事前予約
※3級講座の実習生聴講は4級講座の講師登壇実績がある方のみ参加できます。
※会場定員の関係から参加人数の調整をさせていただく場合がございます。
参加資格 認定講師ライセンス取得者
募集日程 [4級]直営講座であれば全日程可能
[3級]直営講座であれば全日程可能
※詳細については事務局までお問い合わせください。
ご注意 ・必ず講座開始30分前に集合してください。
・服装はスーツまたはそれに準ずるもの。
・ 途中参加、途中退出はできません。
・ 受講中に、寝る・他の作業を行う等、授業の妨げとなる方は、退出していただきます
・ 手当てなどは支給されません。
・ 聴講は無料です。
・ 参加可能な実習生募集は定員の関係上若干名です。定員になり次第、締切らせていただきます。
予約申込み・問合せ FA会員サポート ≫ 協会管理部 実習生担当まで