フードアナリストとは

今注目の資格フードアナリスト®、フードアナリスト®はあらゆる角度から食に関する知識を体系的に学び、普段何気なく接する個別の食材や最新のレストラン、食文化、食のトレンド情報など、食の魅力や感動を知ることができます。食をあらゆる角度から勉強したフードアナリストは今まで知らなかった食の知識を身につけるだけでなく食のあらゆるシーンで活躍しています。資格の取得は4級からスタートします。最上級資格であるフードアナリスト1級では、高いレベルのテイスティング能力が求められます。 味覚テストに合格し、「どんな味がするか」ということを、フードアナリスト®1級では正確に把握して表現ができなければなりません。 現在全国で約12000人のフードアナリスト®が誕生しています。

フードアナリスト®とは

食の情報と情報発信の専門家。食の情報を収集・分析することにより、食の情報に精通し、食の魅力を発信するプロフェッショナル。
現代社会の錯綜する食の情報を、多面的に、そして消費者目線で洞察して、わかりやすく発信します。多種多様な食の情報を、中立・公正に、客観的、合理的で説得力のある発信をすることがフードアナリストの役割です。企業においては、広報や現場の営業担当、商品開発やマーケティング担当等。独立・副業としては、フードライターや食の審査員、講演、大学や専門学校の講師、食のインフルエンサー、ミステリーショッパー。
コンサルタントとして食のブランディングや商品開発、営業支援等で沢山のフードアナリストが活躍しています。
一般社団法人日本フードアナリスト協会が認定。会員数は2万人を超える。4級から1級まであり、教本は学研から出版され、全国2,000の書店で発売中。

フードアナリスト®の専門分野は?

「個別のレストランや食材、食品」についての歴史、背景、独自性、比較、評判やトレンドなどを総合的に解説できるところにフードアナリスト®の専門性があります。 今まではガイドブックや雑誌のレストランコーナー、食材紹介、食品レポートなどを読んで断片的に知るしかなかった知識を、裏づけとなる基礎的な知識や教養を体系的に習得した上で、フードアナリスト®の敏感な情報網や鋭い観察力や、瑞々しい感性で深く洞察して、豊かな表現力で「わかりやすく」解説します。またフードアナリスト®1級では、高いレベルのテイスティング能力が求められます。

どうすればなれるの?

フードアナリスト®ロゴマークについて

ロゴマーク:日本フードアナリスト協会  フードアナリスト®ロゴマークについて
当会指定のカリキュラムを修了、または当会検定試験に合格し、入会手続きをして日本フードアナリスト協会認定フードアナリスト®の会員となると、ロゴマークの使用とともに協会認定「フードアナリスト®」を名乗ることができます。資格取得後も食の様々な分野で多くの方が活躍されています。

左の商標は、一般社団法人 日本フードアナリスト協会の登録商標です。フードアナリスト®資格認定要件と更新要件を満たしている者のみが使用を認可されています。
日本フードアナリスト協会認定者ロゴマークは、認定者以外の使用は認められていません。また認定者であっても、認定者の会社名やロゴの一部として使用することはできません。
日本国内におけるフードアナリスト®商標の使用権は、日本フードアナリスト協会が認定しています。したがって、当協会は、その使用について管理・監督・是正する義務も負っています。

学習内容

フードアナリスト資格は、食・食文化を体系的に学び、単に味覚だけでなく、レストランの内装・インテリアや料理の歴史・レストランの法律まで、総合的に学びます。

4級はフードアナリストに必須の基礎知識を備えた基礎レベル、3級は最新の食情報を学ぶ中級レベル、2級はプロへの登竜門として位置付けられています。最上級資格であるフードアナリスト1級では、高いレベルのテイスティング能力が求められ、「どんな味がするか」ということを正確に把握して表現ができなければなりません。

「食」の世界は知れば知るほど「楽しく」なります。また、知れば知るほど「美味しく」なります。フードアナリストとは、「食」を楽しむ専門家です。

受験資格と入会案内 →

取得方法 →

取得の流れ →