「フードアナリスト講師養成アカデミー」(講師養成大学)募集のご案内

講座日程
※オンライン受講可能
《東京会場》
前半:2020年11月28日(土)9:30~18:00
後半:2020年11月29日(日)9:00~17:00

終了時間は受講者数によって前後いたします。
受講費用 44,000円(税込) ※要事前振込
【振込先】 三井住友銀行 赤坂支店 普通 8839554
       三菱UFJ銀行 麹町中央支店 普通 0039762
       名義:フードアナリストコウザグチ
受講資格 2級フードアナリスト以上の正会員の方
会場 会場 日本フードアナリスト協会セミナールーム
住所:東京都千代田区麹町3-12-11 麹町田村ビル2階
   ※1階がクリーニング店「東邦洗染」
アクセス:半蔵門線半蔵門駅5番出口 徒歩4分、有楽町線麹町駅3番出口 徒歩3分
地図≫
募集定員 各会場 20名
申込み お申し込みはこちら(銀行振込の方)
お申し込みはこちら(カード決済の方)
持参物 筆記用具
4級教本三訂版・3級教本を使用いたします。必須
注意事項 1日目終了後、2日目の模擬講義でのプレゼンテーションのため、パワーポイントで資料を作成していただきます。

*当日持参する必要はございませんが、プレゼン資料作成のため、パワーポイントがインストールされているパソコンをご用意ください。2日目に模擬講義で使用するプレゼン資料のデータは、USBメモリにいれてご持参ください。
パワーポイントソフトをお持ちでなければマイクロソフトオフィス パワーポイント、 または、互換性の高いキングソフトのご購入をお勧めいたします。
(※プレゼン使用のパソコン環境はWindows10、パワーポイント2019です。)

模擬講義では、プロジェクターとスクリーンを使用し、実際に認定講師が講義をおこなうように5分間の模擬講義を行っていただきます。
※オンライン受講の方は、事前にZOOMの起動、及び、画面共有方法をご確認ください。
身だしなみ ・服装・・・スーツまたはそれに準ずるもの
・バッジ・・・取得級のものを着用
・名刺・・・必ず持参する
お問い合わせ 日本フードアナリスト協会事務局
TEL:0120-650-519、E-mail : info@foodanalyst.jp

講座の特徴

フードアナリスト協会が認定する『2級フードアナリスト』が2008年1月から誕生し、私ども日本フードアナリスト協会自体も、新たなステージに立つことになりました。日本フードアナリスト協会では、多彩な講座を受け持つ講師を育てることも大切な役目と考えています。講師としてのスキルを身につけるだけでなく、自ら講座を開催することが可能な資格を持つ認定講師ライセンス取得を目指す講座です。
本講座の試験に合格された際には、『フードアナリスト認定講師』の認定証を発行いたします。
※準講師ではなく、日本フードアナリスト協会が正式に認定した講座の認定講師としてご活躍いただけます。

タイムスケジュール

*受講人数により2日目のタイムスケジュールが変更になる場合がございます。

前半
(1日目)
9:30~10:30 ■ フードアナリスト序章
■ フードアナリストとは「個別のレストランや食材、食品の解説」
■ フードアナリスト認定講師とは
■ 日本フードアナリスト協会について
10:40~11:40 ■ フードアナリスト認定講師の心構え
◇身だしなみ、ルール
◇サブ教材の作り方(PowerPoint資料作成)
◇専門知識 
◇登板が決まってから講義の日までの準備の仕方
12:40~13:40 ■ フードアナリストとは何か
◇倫理規定
◇行動規範
◇差別用語と不快用語
13:50~14:35 ■ フードアナリスト4級講座 各章のポイント 前半
14:45~15:30 ■ フードアナリスト4級講座 各章のポイント 後半
15:40~16:40 ■ 認定講師としての知識と勉強法(ミシュランについて)
16:50~18:00 ■ タイムスケジュールの考え方と立て方
■ 試験課題の説明
※課題は講師より発表(課題は2日目に提出&実演)       
後半
(2日目)
9:00~9:40 ■ 継続勉強やブラッシュアップの方法
■ 1日目のおさらい
■ 試験実演に向けての心構え
9:50~10:50 ■ 自己紹介・グループワーク
◇フードアナリストの社会的意義
◇フードアナリストの可能性について
◇フードアナリストの理想の講師像について 
◇認定講師になったらどういうことがしたいか *グループ学習&発表 
11:00~12:00 ■ 試験対策・予行演習
13:00~13:20 ■ 試験(協会:5問、ミシュランについて:10問)
13:30~13:50 ■ 認定校制度について・認定講師として講座を開講する
14:00~14:40 ■ 試験直前対策(午前中の予行演習について話し合い)  
14:50~16:50 ■ 試験実演 [途中休憩あり]
16:50~ 総括